今の人気はコレ! 人気カラコン比較
SNS女子に人気のカラコン > お役立ち情報 > アラサーになったらコッチ!裸眼系カラコンのすすめ

アラサーになったらコッチ!裸眼系カラコンのすすめ

Pocket

アラサー世代の方は、10代のころからカラコンが身近にあったと思います。
そんな自分の人生のライフステージも、もうすぐ30代。
そろそろ結婚や出産といったイベントを予定している方、経験している方も多いでしょう。
露出の多いファッションも控えめにして、まつエクの本数も少し減らして、というふうに徐々にシフトしていませんか。
でも、カラコンだけは若い時のままですか?その状態でファッションのバランス、とれていますか?
そろそろ、カラコンも裸眼系にシフトしませんか。大人になったあなたには、絶対にこちらのほうが似合うはず。
裸眼系のカラコンを選ぶ時の注意点を見ていきます。

ふちはぼかして

裸眼かカラコンかは、カラコンのふちの馴染み具合で判断されることが多いようです。
レンズの着色部分のふちがくっきりしていると、それだけでカラコンだと分かります。
なので、ふちがドット状でそのドットが徐々に小さくなっていくようなレンズを選びましょう。
レンズの着色部分と瞳が自然に馴染むので、裸眼に見えるはずです。

着色直径は13.5㎜以下

黒目が大きければ大きいほど可愛く見える!のは、20代までです。そろそろ標準サイズの黒目に戻りましょう。
黒目の大きさは個人差があるので一概には言えませんが、日本人の標準黒目直径は11~13㎜と言われています。
個人的な見解ですが、黒目の直径プラス0.5㎜が自然な大きさとして認識される範囲だと思います。

瞳と同じ色を

ドットふち、着色直径13.5㎜、のレンズでも、ハーフ系のカラーを選んでしまえばカラコンだとバレます。
まず自分の瞳の色を確認し、同じ色味を選びましょう。
瞳孔が分からないくらい真っ黒な黒目の人もいれば、ハーフかと思うほどのヘーゼル色の黒目の人もいます。
会社によってレンズのブラックやブラウンの色が異なります。
実物を参考にするのが一番ですが、今はインターネットなどで装着レポートを挙げている人も多いので、ネットでも確認が容易だと思います。