今の人気はコレ! 人気カラコン比較
SNS女子に人気のカラコン > お役立ち情報 > 似ていても違う?カラコンとソフトコンタクトの相違点の注意点

似ていても違う?カラコンとソフトコンタクトの相違点の注意点

Pocket

昨今では若い世代を中心に、オシャレ目的でカラコンを使用する人が増えてきています。ソフトコンタクトを利用した経験があれば問題なく取り扱えるアイテムではありますが、カラコンとソフトコンタクトには似ているようで違いもあることを覚えておく必要があるのです。

ケアをする際の注意点

使用方法に関しては、カラコンもソフトコンタクトも大きな違いはありません。装着中に利用する目薬は、ソフトコンタクトに対応しているものであれば同じものを利用できます。
ただし、レンズを洗浄する際には一部、カラコンに利用できない洗浄液がある点を気をつけなければなりません。洗浄力が強めになる過酸化水素タイプのものを使う場合には、レンズの種類によってカラコンに使われている色素が溶け出してしまうことがあるのです。使っているカラコンの説明書をよく確認した上で、適切な洗浄液を選んでください。

レンズの厚みの違い

ソフトコンタクトに比べると、カラコンは色が入っている分レンズに厚みがあります。昨今普及しているカラコンは、色素をレンズの間に挟みこんだ安全性の高い製法のものが一般的です。生じてしまうその厚みの分だけ酸素透過率と含水量が低くなってしまうので、ソフトコンタクトに比べて乾きやすかったり疲れやすいというデメリットがあります。
1日の使用量を守りながらこまめに目薬を点眼したり、長時間カラコンを使用しないように気をつけるようにしましょう。

レンズの大きさの違い

カラコンにはデカ目に盛れる効果があるレンズが多くありますが、当然レンズの直径がその分ソフトコンタクトよりも大きくなります。場合によっては大きさのせいで装着時に異物感を覚えるものもありますので、厚みも含めてソフトコンタクトよりも若干装着時の快適性が下がってしまう点は否めません。

カラコンは度が入っていないファッション目的のものと、度入りの視力補正ができるものの2種類がありますが、どちらもソフトコンタクトと同様に高度管理医療機器として扱われるものです。基本的には安全基準を満たしている商品を許可を得て購入する必要があります。どちらのレンズもトラブルがないように配慮しながら、充分に注意した上で取り扱ってください。